So-net無料ブログ作成

セント・セシリアの日々 #2 着想編・酒と薔薇と…… [New Items]

琥珀色の秋の風景を背景にしたネックレス・Cecilia No.2

Harriサンタ、寝坊して今頃新製品を出してきました(汗)暮れの忙しい時に誠に申し訳ございません。
久しぶりの新作ご案内となります。もちろん、ピンクのバラビーズをモチーフにした、Ceciliaネックレス、その第2弾です。「Rose en Liqueur(ローズ・アン・リクール)」、お酒の中の薔薇という意味です。

Ceciliaネックレスに関する一連の記事のタイトル「セント・セシリアの日々」は、映画「酒とバラの日々」がベースです。
もっとも、粋なタイトルにつられて蓋を開けてみれば、それはアルコールに溺れて破滅する夫婦の物語A^_^;) 何とも救いようが……。

そして、#2を考える時に重なったイメージがもう一つ。童謡「小さい秋みつけた」です。これも、お世辞にも明るい歌とは言えない。北向きの部屋(隔離のための病室という説があります)に佇む「うつろな目」。いつ治るともわからない病を抱えて、外の風景をどのような想いで見遣っていたのでしょうか。

この二つのイメージが交錯して生まれたテーマは、「人生の秋」。濃いめのウイスキーやブランデーを通して見た風景、曇りガラスや生温かいミルクに映る風景は、こんな琥珀色をしていたのではないか。今回のセント・セシリアの背景は、#1に比べると、だいぶ物哀しさと深みを帯びています。
プリズム・ビジューが見つけた、人生の秋の色(もう冬ですが…… )。そこに咲き残ったバラとのコントラストが、愁いをより際立たせます。

プリズム・ビジューには珍しいブラウン系のネックレス。それは、まるで熟した蒸留酒の中に浸した薔薇の花。制作編は例によって、次回のエントリーで。

"Necklace ”Cecilia #2: Rose en Liqueur”
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。