So-net無料ブログ作成

セント・セシリアの日々 #2制作編・酒と薔薇と…… [New Items]

さて、#2はかなり渋い色の連なりですが、意外や意外、スワロフスキービーズが多く活躍しました。煌びやかなイメージのスワロだからこそ、渋色が単なる渋色の連なりにならずバランスが取れた。そういう発見がありました。

Cecilia #2に使用したスワロフスキービーズ

ヘッドとネックで存在感を示したのは、スワロフスキーのバーガンディー。ブラウンの中に微かなワインレッドを含むこの色は、まるでブランデー。落ち着きの中にわずかに華やかさを添えてくれます。
他には、スモークトパーズに、ベージュ混じりのグリーンであるイラデサントグリーン、そして、ヴィンテージのレアカラー、ミンク。買い付けの時、これは本当に争奪戦で、瞬殺で売り切れました。

Cecilia #2に使用したジャパンヴィンテージビーズ

ありそうでない、渋色ジャパンヴィンテージのフラワー。フロストフラワーが光を受ける時、ベルエポックの工芸品のような深みとノスタルジーが印象深く溢れ出ます。これも新しい発見でした。フロストフラワー、いっぱい買い足そうかな(笑)

Cecilia #2に使用したビーズ

その他、ビーズショップの片隅にひっそりと売られていた飴色のマーブルビーズ、ブロンズカラーのヴィンテージビーズ、凝った形のパールカバーや、バイオレットブラウンのバイコーンビーズなど。シックながらも一癖あるビーズが集まりました。
フリンジには、これもスワロのレアカラー、コメットドールの#5205を。ミンク並みのレアさと言ってもいいでしょう。

人生の秋の只中で、たった一つの希望のように咲くセント・セシリア。奇しくもこれが、2016年最後の新製品となってしまいましたが、皆様も来る年に希望を見いだせるよう、心から祈りつつ……。

"Necklace ”Cecilia #2: Rose en Liqueur”

Ceciliaシリーズは、もう一つありますよ。お忘れなく(’_^)
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。