So-net無料ブログ作成
検索選択

色と光と音楽と - ”Vergiss-Mein-Nicht”制作帳 [Note]

"Vergiss-Mein-Nicht" Necklace & Brooch 関連記事はこちら

始まりは、忘れな草色の花のビーズ。随所に、その花の色を映したビーズを添えて。




ライン川の朝靄や朝露を思わせる、オパレッセンスやフロストのビーズ。


川辺と、川辺に佇む女性に投げかけられる、なぐさめと未来と希望の光。
スワロフスキーのレアカラー”Comet Or”の高貴な輝きを中心に。


そして––
今回、一連の作品を作る際に、私はこの曲をずっと聴いていました。



私にとって音楽は最も有効なイメージソースで、
音楽の中に浮かんでは消える色彩を手繰り寄せながら作っていきます。

この、ショパン作「夜想曲第5番 嬰ヘ長調」は、ショパンの夜想曲(ノクターン)の中で、一番愛している曲です。
淡い陽射しのように穏やかに始まって、中間で激しく繊細に揺れ動き、そして霞の中に消えていくように終わっていく。
その曲想に、恋人を失った女性の静かな追憶を重ねて。

過去にも、このように音楽のイメージとだぶらせて制作したアクセサリーはたくさんあります。
私と、音楽と、アクセサリー制作の関わりについては後日改めて……。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。