So-net無料ブログ作成

謝辞・年の瀬にあたり [Note]

デザインフェスタに駆けつけてくださった皆様、拙作を気に入ってくださった皆様、Prisme Bijouxを支えてくださった皆様に、心より感謝申し上げます。新たな年を前に、感謝の言葉として。来年も頑張りますので、よろしくお願いします。

Harri
nice!(0)  コメント(0) 

オンラインショップ一時休止のお知らせ [Information]

いつもPrisme Bijoux Online Shopをご愛顧いただき、ありがとうございます。
当オンラインショップは、12/29~1/4までの間、すべての業務をお休みさせていただきます。
上記期間の間は、オンラインショップの購入ボタンが表示されないプレビュー状態になりますので、ご注意ください。
再開は、1/5 0:00~の予定です。

本年中はお世話になりました。来年もプリズム・ビジューをよろしくお願い申し上げます。
ブログはまだ更新するかもしれませんが、ひとまず区切りとして。

Prisme Bijoux 店主 Harri拝
nice!(0)  コメント(0) 

再掲:Sasanqua [New Items]

(商品の再掲載に伴い、過去のブログを加筆の上再アップします)

Rouge d'Estの最後を飾るは、漆器を思わせるような、赤と黒のコントラスト。ブローチ付きロングネックレス「Sasanqua」です。

サザンカ,山茶花,ネックレス,ウランガラス

Sasanquaとは、山茶花。そう、冬から早春にかけて咲く鮮やかな花です。
山茶花は、そもそもの学名がCamellia Sasanqua(カメリア・ササンカ)です。のみならず、世界のたいていの場所で、「sasanqua」の名前で通ります。
Rouge d'Estシリーズの中では、最も「和」を意識させる仕上がりです。最初にも書きましたが、どこか漆器に似た質感です。

実は最初は、Camellia(椿)にするつもりで作り始めたのですが、花びらがはらりと落ちていく動き、そして、それによって時間の経過を表現したかった(椿が枯れる時は、花がまるごと落ちますからね)ので、急遽(!?)山茶花にしてしまった、という経緯があります。

このSasanqua、ブローチの花びら部分はヴィンテージのプラスティックパーツ、花芯の部分はウランガラスのストーンを配置しました。2連のネックレス本体は、ジェットブラックのチェコファイアーポリッシュを、グラデーション配置しました。
もちろん、ブローチはネックレスのどの位置で留めていただいても結構です。下のようなアレンジも素敵。

サザンカ,山茶花,ネックレス,ウランガラス

ブローチもネックレスもそれぞれ単体としてご使用いただけます。シックな大人のネックレスです。
nice!(0)  コメント(0) 

Printanier - Le Muguet Bleu [Prisme Bijoux Privé]

春の花,すずらん,サフィレット,Prisme Bijoux Prive

ブログの新しいカテゴリーとして、「Prisme Bijoux Privé」を追加しました。
「Privé」とは「私物」の意味で、自分向けに誂えたものを指します。

単に私物・参考品というだけでなく、過去のエントリーでも何度か言及しましたが、本格的な商品化前の「モックアップ」でもあります。そして、単に同じ物を再現する元だけでなく、これ以上に大きな発想の「着想源」になることもあります。また、新しいテクニックや造形を試みる「実験」でもあります。
アクセサリー馬鹿の単なる私物に留まらない意義を、Prisme Bijoux Priveは担っています。そんな着想の一端を、時々ご紹介していければ、と考えています。

追記:写真はすずらんの形のピン付きサフィレットを、素直にすずらん風にアレンジしたイヤリング。すずらんサフィレットの在庫2本しかなかったところを、2本買って即売り切れにしたのはワタシです(^o^;)
サフィレットは望めなくても、すずらんのピン付きビーズが入手できたら、また作ってみたい形です。
nice!(0)  コメント(0) 

星が瞑(ねむ)る時 [New Items]

ひとつの素材から始まるイメージがある。

今回作った「Slumber(スランバー)」がまさにそれ。

アールヌーボー風,イヤーピース,スワロフスキー

ブルーグレーのマーキスビーズ。これを見た時、私の頭に「Slumber(まどろみ・うたた寝)」という言葉が浮かんだ。
イメージとは面白いもので、頭に浮かんだひとつの単語は、
「星が瞑る時、私達は目覚める。私達が目覚める時、星達は微睡む」
というフレーズに変わった。
それは、明けの空に消えゆく朝の星。眠りにつき、空に同化して消えゆく星の姿。
その情景を、ひとつのビーズに見た。

はっきりしたイメージが完成すると、造形も早い。少しアール・ヌーボー風の星のイメージを意識して。

シャワー台で、放射型の造形を試みたのは何年ぶりだろう。以前は超苦手だったのになぁ、シャワー台(^_^;)

ブルーグレーのマーキスのお伴は、スワロフスキーのブルーシェードと、ブルーグレーの淡水パール。微かな蒼を感じさせるビーズを集めて、暁の青い闇と、弱まる星の光を表現する。

以前から私は、シャワー台の作品というと、イヤーピースはスタッド型(耳たぶにモチーフが付くタイプ)を好んで作ってきましたが、今回は、モチーフを耳たぶから離して下げてみました。
なぜか。普段電話をすることもあるかと思いますが、受話器や携帯電話を耳に当てる時、耳たぶのイヤリングやピアスのモチーフが邪魔になった経験はないだろうか。
そんな時、私は受話器に当てる片耳のイヤリングを外してしのぐのですが(^o^;)外したイヤーピースをなくしそうで、不安に思う人もいるのではないでしょうか。
また、電話の度にいちいち外して、終わったらまた着け直す、という動作が面倒だと思う人もいることでしょう。それを解決するためのデザインです。

実用性と、デザイン性を兼ねた造形のイヤーピース。冬のシックな装いとともに。
nice!(0)  コメント(0) 

デザフェス初出品アップ [New Items]

今年5月のデザインフェスタで初出しした商品を、今後徐々にアップしていきます。
まずは、"Piece of Universe--Tsuki"の派生商品として制作した"Fragment--Tsuki"を。
nice!(0)  コメント(0) 

水に映る・その2 [New Items]



昨日からのつづき。
さて、これをライトグリーンのサフィレットの薔薇でも作ってみよう、という話になり。
メインのサフィレットの色が違うので、モックアップと同じ色合わせにはできません。

私が考えたのは、フローライトの色合いのような、紫色との組み合わせ。
琥珀のようなトパーズ色を、補色として随所に差します。

と、ここで強い存在感を示すのは、スワロフスキーの廃番色、カーディナルのファンシーストーン。
赤ワインにカシスリキュールを加えたカクテルに由来した名前と思われます。実際は、菫色、というべき、深みと艶を感じさせる色です。

そして、ネックレスの方には、もう一つ貴重な素材が。
グリーンアイリスと呼ばれる、アイリスガラスの派生ガラスです(写真の、細長いバレル型のビーズ)。
グリーンを基調に、虹色がぐるぐる渦巻くように織り交ぜられています。これもなかなか現在では見かけない素材ですよ。

これを作ったのは秋ですが、春にも合いそうな色合いですよね。

紫色をアクセントにしたので、こちらは「Reflet Violet(ルフレ・ヴィオレ)」と名付けました。紫の水影。こちらは、夕暮れ時の水影、と言ったところでしょう。

希少ビーズがてんこ盛りの贅沢ビジュー。ネックレスリングでの展開です。
nice!(0)  コメント(0) 

Prisme Bijoux iichi支店 [Information]

iichiでも、プリズム・ビジューの販売を始めました。http://www.iichi.com/shop/prismebijouxそちらの方も、ちょっとずつ品揃えを増やしていこうかと思います。どうぞよろしくお願いします。

水に映る・その1 [New Items]

新作「Reflet Violet(ルフレ・ヴィオレ)」のご案内です。



久しぶりの新作は、世にも稀な、薔薇の花の形をしたサフィレットのピンから着想が始まりました。



サフィレットの陰翳が、薔薇の形のガラスの魅力を最大限に引き出して。この陰翳は、どこかラリックのガラスの質感もどこか思わせます(ラリックでサフィレットを使った例は……聞いたことないんですけどねA^_^;)飽くまで雰囲気の話ということで)。

私も、この形でサフィレット、というのは見たことがなくて。初めて見かけた時には既に売り切れ……。その後、あるかどうかもわからない入荷を待ち続けて1年あまり。ようやく入手(^_^)v

原型は、これ(非売品です。今回の商品とは違います)。



これは、青みの強い方を使っています。
周りを囲むのは、お馴染みジャパンヴィンテージビーズ。特に空色のフラワービーズが印象的でしょ(^_^)オールフラワービーズで。

静かな水に映る花の影のようで。「Reflet(ルフレ)」(英語の「Reflection」に相当。本来「反射(の影)」という訳ですが、ここは「水影」と訳しましょう)と名付けました。

……と、ここまでは、いつもの「モックアップという名の私物」の話ですA^_^;) 長くなるので、次回につづく。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。