So-net無料ブログ作成

桜の季節です。 [New Items]

桜の花びらのイヤーピース

東京では、桜の開花宣言が出ましたね(^ ^) 待ちに待った、桜の季節の始まりです。

それに合わせて、桜のイヤーピースを。
春を告げる桜色バージョン(写真)と、なごり雪のような白色バージョン。ジャパンヴィンテージならではの繊細な彩りと、本物の花びらのような美しさをお楽しみください♪
nice!(0)  コメント(0) 

Le printemps vient.(春が来る) [New Items]

ヨーロッパに春を告げる花・ミモザ

シリーズワーク「プランタニエ」第1章
春の訪れを告げる、ミモザです。

今日は、「ミモザの日」です。
主にイタリアで、男性から女性へ、ミモザの花を贈る習慣があるそうです。

恋愛の要素ももちろんあるでしょうが、贈る女性の対象は、お母さんだったり、おばあちゃんだったりすることも。強いて言えば、女性全体への感謝のイベント、と言えるでしょうか。

咲きたての春を、感謝をこめて女性に捧げる。
ある意味、イタリアらしいイベントとも言えますね。

春の到来を告げる、温かな灯りのような花、ミモザ。
そのほのかなぬくもり、冬のそれとは明らかに変わるその情景を、ネックレスにしました。

ミモザの花部分は、レモンイエローのジャパンヴィンテージビーズを使いました。
葉の部分は、フレッシュグリーンのナツメビーズで、ワイヤーシャンクを用いて、リアルなミモザの葉を再現しています。

「Mimosa」は、最初からイメージが1番はっきりしていたので、造形にもほぼ迷いがなく、仕上がりが早かったですね。3つのシャワー台モチーフを含んだヘッド部分は、構想も含めて約2日で出来上がりました。

差し色として使った、甘いペールブルーのギブレは、春色の空。雲の切れ間に、淡く透ける早春の空。やや鈍く、ぬくもりのある輝きが、暖かさを帯びてきた陽射しのよう。

フェイクパールは、マットホワイトの質感にこだわりました。あふれ出す光の表現です。

春の到来の喜びを、こぼれるような花に託した「Printenier - Mimosa」。満を持して、横浜ビーズアートショーへ。
nice!(0)  コメント(0) 

Printenier - Trois Chapitres de Printemps(プランタニエ・春にまつわる3章) [New Items]

「プランタニエ」。それが、新しいシリーズワークのタイトルです。
メインアートワークであるネックレスは、ビーズアートショー横浜で初お目見えとなります。

「Printenier」とは、フランス語の「printemps(プランタン・春の意)」の形容詞形、さしずめ「春らしい、春を告げる、春色の」という訳でしょうか。
テーマは「ヨーロッパの春」です。ここ数年、和風に傾いていましたが、ヨーロッパで春らしさを喚起させる、3つの花をテーマに据えてみました。
ヨーロッパで、春にリンクする花は多いですが、店主にとって思い入れのある、3つの花に絞ってみました。

3月のミモザ、
4月のクレマチス、
そして、5月のすずらん。
それぞれが、それぞれの色彩で春を告げます。

近々、その第1弾・「Printanier - Mimosa」をご紹介します。お楽しみに。
nice!(0)  コメント(0) 

と、ここで告知です。 [Information]

この度、プリズム・ビジューは「Beads Art Show Yokohama 2015 Spring」に参加することとなりました。
ただいま、それに向けたシリーズワークの制作中です。
詳細は、追い追いこの場でご紹介させていただきます。
横浜の地で皆様にお会いできることを、楽しみにしております。
nice!(0)  コメント(0) 

Printenier - 早咲きのすずらん [New Items]

すずらんの季節にはまだ遠いかもしれないけれど、
早咲きのすずらん(Le Muguet Précose/ル・ミュゲ・プレコス)が、ここに。
小さな小さなイヤーピース。
だけどこれは、物語のほんの始まりに過ぎません。

春を告げる早咲きのすずらん,ヨーロッパの春
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。