So-net無料ブログ作成

ビーズアートショー雑感 [Note]

改めまして、この度のビーズアートショー横浜、お越しいただきましてありがとうございました!(^O^)/

雑感としては、昨年のデザインフェスタよりも手応えはあったかな、と。客層の違いはあると思いますが、やはりビーズがお好きな方が集まるので、その意味では非常にやりやすかったです。

ブースを出していた間、非常に有り難かったのは、一度いらして気に入ってくださったお客様が、1日のうちに2度、3度と繰り返しブースを訪ねてくださったことです。お友達を連れて、もう一度来てくださった方もいらっしゃいました。これはとても大事なことだと思いました。
こうした方々を、これからも大切にしていきたいと思っております。

今後も、直接皆様と交流する機会を増やせたら、と考えております。すべての来場者に、改めて感謝。

……さて、ブログどこに移そうかな。
nice!(0)  コメント(0) 

Printenierスピンオフアイテム [New Items]

シリーズワーク「プランタニエ」の世界観をお気軽にお楽しみいただけるアイテムを、今年もご用意しました。

シリーズワーク「プランタニエ」のスピンオフアイテム

プロローグとして既に発売されている「Printenier - Le Muguet Precose」の右は、クレマチスのイヤーピース。ビーズアートショー初出で発売します。¥3,800です。

なお、両方ともイヤリングに交換可能です。交換する金具は、金古美になります。

ミモザのスピンオフも制作・販売する予定だったのですが……すみません、ビーズアートショーには間に合いそうにありません(=▽=|||) いずれオンラインショップでお披露目できればいいな、と思っております。
nice!(0)  コメント(0) 

水の誘惑・制作編 [New Items]

さて、再びネックレス“Ondine”のお話。昨日の着想編に続いて、実際の制作編です。

ネックレス「Ondine」センターヘッドの材料

主役とも言える、大ぶりなライトサファイアのフラワービーズ。ジャパンヴィンテージです。
本当は、ネットで見つけた違うビーズを使おうとしたんです。が、タッチの差で目の前で売り切れ……(T T)
もう完全に在庫切れらしく、待てど暮らせど入荷せず(今現在も新たな入荷はありません)。途方に暮れる私でしたが、ふと思い出しました。以前入手した、このサファイア色の花の存在を。

そして、最近入手したフランス製のコバルトブルーの薔薇ビーズをアクセントに、「Printenier - Muguet」でも使用した、ヘキサゴンのローズカットを添えて。さりげないけど、よく見ると贅沢なセンターヘッドです。

今思うと、このジャパンヴィンテージの方がよかったような。まあ、結果オーライですね(^_^)

そしてネックは、オーロラ効果のない、ストレートにクリアなビーズにひたすらこだわりました。中でも、このオールドスワロフスキーは出色です。

レアなヴィンテージスワロフスキー #5206

入手元の資料によると、型番は「5206」だそう。なるほど、ヴィンテージスワロの定番、ロングバイコーン型の#5205となんとなく形が近い。現在ではお目にかからない形です。
材料を求めて色々当たっていた私は、これを見つけてガッツポーズo(≧∇≦)oでした。

それにしても、ほぼクリアビーズのみのネックレスが、これほど上品な佇まいになるとは思いませんでした。実際身に着けると、綺麗ですよ。結構お気に入りです(^_^)

流れ、滴り、囁く水のように。水の精の歌を感じてください。
nice!(0)  コメント(0) 

水の誘惑・着想編 [New Items]

もうお忘れかもしれませんが、
ビーズの透明感をフィーチャーした、不定期シリーズの「Transmission」というものがありまして。
久々に、その新作を作ってみました。
シリーズワーク「Printenier」の合間に制作したシンプルでいて叙情的な作品を、今回ビーズアートショー初出で販売いたします。

ネックレス「Ondine(オンディーヌ)」画像

私は着想をしばしば音楽に求めます。

今回紹介するネックレス「Ondine(オンディーヌ)」などはまさにそれで、
これを制作する間、モーリス・ラヴェルの組曲「夜のガスパール」の第1曲「Ondine」(上の写真にある楽譜がそれです)が頭に流れていました。

この曲は、アロイジュス・ベルトランという詩人の詩を元にしていて、
人間の男性を見初めた水の妖精・オンディーヌが、その男性を誘惑する、というストーリー。
妖しく、巧みに誘惑するも、男性に拒否されたオンディーヌは、高らかに笑いながら水に消えていく——簡単に言えばそんな筋です。

オンディーヌの誘惑と孤独、恋に破れた悲しみ、それでもプライドからか、高らかに笑いながら清らかに消えていく水の精。そんな物語が、透きとおるようなピアノの綾で描かれます。

そんな曲から思い浮かんだネックレス。
センターヘッドに据えた清冽なブルーガラスのブーケは、水に佇む魅惑的なオンディーヌの象徴。
その「オンディーヌ」の周囲を、清らな水のようなクリアビーズたちが取り巻きます。
造形は、下へ下へと流れ落ちる水を表すように、長めのYヘッドを持つネックレスに。様々な形のクリアビーズで、きらめきに変化をつけました。

……とまあ、またしても長くなってしまいましたので、ここまでが着想編、ということで。続きの制作編は、また明日。
nice!(0)  コメント(0) 

Le printemps part, et...(春が往く、そして……)・制作編 [New Items]

シリーズワーク「プランタニエ」最終章は、すずらんの花に寄せて、往く春と、それに続く夏の気配を表現しています。
構造は、シャワー台で花々をぎゅっと凝縮するパートと、すずらんの花の形を模しつつぶら下げて空気感を持たせるパート、2つに分かれます。凛と伸びるリーフビーズは、春の生命力を思わせます。

すずらんのヘッド部分に使ったビーズ

今回使用したピン付きビーズは、フランス製(推定含む)のものが多かったです。すずらんはオパック(不透明)とオパレッセント(半透明)、2種類のホワイトを使用。

Printenier - Muguetで使用したアイリスガラスやストーン

そして、この作品を色濃く盛り上げるのは、やはりアイリスガラスでしょう。あえて色の境目の薄いアイリスを使うことで、雫のような5月のみずみずしさ、虹を生む陽光の鮮やかさ、そして次に控える夏の予感をエアリーに表現することができたと思います。ほか、光彩のようなヘキサゴンのローズカットや、まろやかな光のヴィンテージパールボタンも使用しました。

Printenier - Muguetのネック部分に使用したビーズ

ネック部分の内連には、曖昧色のパールを連ね、アクセントとして、シャワー部分にも使用したクリアなスワロフスキー#5020を使用して、メリハリを出しました。外連に使用したナツメ型のジャパンヴィンテージビーズは、アレキサンドライト効果(変色効果)を有します。昼光下や蛍光灯下では薄い水色に、朝夕の光や白熱灯下では薄いライラックカラーに変化します。どちらも、続く6月を象徴する花・あじさいを連想させる色合いにし、来るべき夏の気配を表現しています。

ヨーロッパに心を飛ばしつつ、春の始まり、深まり、そして極まりをそれぞれ表現したシリーズワーク・プランタニエ。ここに完成しました。

シリーズワーク「プランタニエ」全3種

そして季節は、夏へ。
nice!(0)  コメント(0) 

Le printemps part, et...(春が往く、そして……)・着想編 [New Items]

シリーズワーク「プランタニエ」第3章“Muguet

花の香りに、次第に新緑の香りが濃く混ざってくる5月。
季節は巡り、春は着々と旅支度を整えます。夏の予感を残して。

Printenier Chapitre 3 "Muguet"
春を告げるシリーズワーク「プランタニエ」、最終章は「すずらん」。

フランスでは、5月の1番始めの日にすずらんを贈り、1年の幸福を願うという習慣があるそうです。
5月の陽光の中で香る愛らしい白い花と、凛と伸びる葉。贈る方も贈られる方も、嬉しい気分になりそうですね(^o^)

言うまでもなく、フランスの国花はユリ。
でも、それと同等に大切にされているのが"Muguet"すずらんです。

フランス土産のラリック・ジュエリー

これは、私がフランスに行った時のお土産。
憧れのラリック・ジュエリーです。

ミルキーホワイトのクロスに、さりげなくギブレになっている、すずらんのペンダントヘッド2種。
この"Muguet"シリーズは今も人気のラインです。
不世出のジュエリーデザイナーは、この花を愛してやまなかったのだろうな、ということが偲ばれます。

5月の訪れを祝福するように咲き誇るすずらんの花。こんなふうに、今もフランスでこよなく愛されています。

そのすずらんに振る注ぐ陽光。
春の只中に微かに潜む、夏の香り。

そんな、春の喜びの頂点と、来るべき夏の気配を、ネックレスにしました。
次のエントリーに続く)
nice!(0)  コメント(0) 

一時休業のお知らせ(5/2~5/5) [Information]

いつもPrisme Bijoux Online Shopをご利用いただき、誠にありがとうございます。
当ショップおよびiichi支店は、5/2~5/5の間、すべての業務をお休みさせていただきます。
再開は、5/6 0:00を予定しております。
なお、お問い合わせはcontact♪prismebijoux.com(コピー&ペーストの上、音符を@に変えて送信ください)まで。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

Prisme Bijoux店主 Harri 拝
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。