So-net無料ブログ作成
検索選択

セント・セシリアの日々 #3 薔薇色の夜会・制作編 [New Items]

バタバタして更新遅れちゃいました。申し訳ありません<(_ _)>
さて、Cecilia #3:Soir Rosé(ソワール・ロゼ)着想編から続く制作編です。

優しいピンク色の薔薇に、きりっとシックな黒。それもジェットブラック。大まかに、その組み合わせにする!とは決めていました。

Soir Roséの材料 数々のジェットカラーのビーズ

方々から、様々な形の「ブラック」をかき集めて。
ヴィンテージや現代もののチェコ、スワロフスキー……。形はそれぞれ違えど、どれも吸い込まれるような、魅惑的な黒です。

ただ、どこまで黒にする?ピンクは、あのローズビーズだけでいいの?ラインストーンは許容する?などなど。このような色合わせはあまりやらないので、色バランスは少し悩みました。

Soir Roséの材料 特別な形のビーズ シャネルのヴィンテージボタンなど

結局、アクセントとしてラインストーン付きの材料は許容することにしました。
手前のラインストーン付きのボタンは、シャネルのオートクチュール向けに作られたボタンです(形がカメリアでしょ?)。
ジェットブラックの葉は、あったらいいなぁ。と思いつつ、ダメ元で探しました。あってよかった(T▽T)

Soir Roséの材料 ロゼカラーのレアなスワロフスキー

そして、ローズビーズにもう一つピンクのビーズをプラス。ロゼワインのような、爽やかでありながら香り立つようなペンダントパーツ。フロストのヴィンテージスワロフスキーです。

セント・セシリアを形どったようなローズビーズから始まった、それぞれの背景を持つ3本のネックレスプリズム・ビジューとしては異色な、シックなラインナップにご注目ください。

「セシリア・1つの薔薇と3つの風景」Lineup of ”Cecilia - 3 Scenaries Behind A Rose”

Necklace “Cecilia” #3: Soir Rosé

Necklace “Cecilia”シリーズのバックナンバーはこちら↓
#2: Rose en Liqueur
#1: Roseraie de Automne
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

セント・セシリアの日々 #3 薔薇色の夜会・着想編 [New Items]

ジェットブラックを背景に咲く可憐なピンクの薔薇のネックレス

一粒のローズビーズから始まった“Cecilia”シリーズ。フィナーレは、ジェットブラックを背景にした、シックなネックレスです。

アクセ制作を始める、遥か前のこと。自分自身で何かを「創る」などということを、想像すらしなかった頃のことです。以前目にしたドレスの色合わせ。ジバンシィだったかな……?艶やかな黒に、ピーチカラー。これがまた、合うんですねぇ。意外な組み合わせに、「色合わせって面白い……」と思ったものです。

今回のローズビーズは、ピーチと呼ぶにはごく僅かに青みに寄っている気はしますが、それでも黒との相性は抜群。シックで華やかなドレスの記憶を辿りつつイメージを膨らませました。
こっくりと深い黒に、ピーチカラーが加わることで、優しいイメージになりました。
ローズビーズはまるで、夜会の華と咲く、美しい貴婦人のような佇まいです。

と、ここまでが着想編です。制作編は、また次回。

Necklace ”Cecilia #3: Soir Rosé”
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

一部商品値下げのお知らせ [Information]

今回、一部商品の価格を見直しました。 「お買い得品」の商品カテゴリーを新規に立ち上げ、定価の約30%引からご提供しております。お気に召したものがございましたら、ぜひご利用くださいませ。

nice!(0)  コメント(0) 

Félicité [Prisme Bijoux Privé]

2種類のアイリスガラスとフランス製のローズビーズを使用した贅沢すぎるイヤーピース

久々にPrivéの記事を。
見ようによっては、花くす玉のようにも見えるイヤーピース。「至福」を意味する名をつけました。

ドットアイリスフラワーアイリスとも。古いアイリスガラスは、縁側に水玉のように色が入っているものが多いです)の万華鏡のような輝きと、色とりどりの繊細なローズビーズ。この至福に満ちた光と色彩は、プリズム・ビジューのモットー「日常に光を、装いに彩りを。」をまさに体現しています。

同じ物を再現するのは難しいですが、何かのデザインベースにきっとなってくれるはずです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ショップよりお知らせ [Information]

いつもPrisme Bijoux Online Shopをご利用いただきまして、ありがとうございます。

諸般の事情により、本日2/1より、カラメルへの出店は取りやめにいたしました。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
今後とも、Prisme Bijouxをよろしくお願いいたします。

Prisme Bijoux店主
Harri拝
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

新春感謝セール!!

本日1/11 1:00〜1/31 23:59まで、セールを行います。
全品(比較的発売日の新しい”Cecilia”シリーズを除く)20%オフ!!完成品も蔵出しのパーツも20%オフ!!この機会をお見逃しなく!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

年末年始の営業のお知らせ、および謝辞 [Information]

年末年始は、12/30〜1/4までオンラインショップをお休みさせていただきます。
お問い合わせのメールは年中無休で受け付けますが、ショップの仕様上、営業休止時はContactページも閉鎖されますので、メールソフトから直接、contact♪prismebijoux.com(宛先欄では、音符を半角アットマークに変えてご入力ください)
宛にお送りください。

本年もプリズム・ビジューをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。更新がままならない時もあり、申し訳ございませんでした。来年も研鑽を重ねて頑張る所存です。来たる年も、プリズム・ビジューをよろしくお願い申し上げます。

Prisme Bijoux店主
Harri拝

nice!(0)  コメント(0) 

セント・セシリアの日々 #2制作編・酒と薔薇と…… [New Items]

さて、#2はかなり渋い色の連なりですが、意外や意外、スワロフスキービーズが多く活躍しました。煌びやかなイメージのスワロだからこそ、渋色が単なる渋色の連なりにならずバランスが取れた。そういう発見がありました。

Cecilia #2に使用したスワロフスキービーズ

ヘッドとネックで存在感を示したのは、スワロフスキーのバーガンディー。ブラウンの中に微かなワインレッドを含むこの色は、まるでブランデー。落ち着きの中にわずかに華やかさを添えてくれます。
他には、スモークトパーズに、ベージュ混じりのグリーンであるイラデサントグリーン、そして、ヴィンテージのレアカラー、ミンク。買い付けの時、これは本当に争奪戦で、瞬殺で売り切れました。

Cecilia #2に使用したジャパンヴィンテージビーズ

ありそうでない、渋色ジャパンヴィンテージのフラワー。フロストフラワーが光を受ける時、ベルエポックの工芸品のような深みとノスタルジーが印象深く溢れ出ます。これも新しい発見でした。フロストフラワー、いっぱい買い足そうかな(笑)

Cecilia #2に使用したビーズ

その他、ビーズショップの片隅にひっそりと売られていた飴色のマーブルビーズ、ブロンズカラーのヴィンテージビーズ、凝った形のパールカバーや、バイオレットブラウンのバイコーンビーズなど。シックながらも一癖あるビーズが集まりました。
フリンジには、これもスワロのレアカラー、コメットドールの#5205を。ミンク並みのレアさと言ってもいいでしょう。

人生の秋の只中で、たった一つの希望のように咲くセント・セシリア。奇しくもこれが、2016年最後の新製品となってしまいましたが、皆様も来る年に希望を見いだせるよう、心から祈りつつ……。

"Necklace ”Cecilia #2: Rose en Liqueur”

Ceciliaシリーズは、もう一つありますよ。お忘れなく(’_^)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

セント・セシリアの日々 #2 着想編・酒と薔薇と…… [New Items]

琥珀色の秋の風景を背景にしたネックレス・Cecilia No.2

Harriサンタ、寝坊して今頃新製品を出してきました(汗)暮れの忙しい時に誠に申し訳ございません。
久しぶりの新作ご案内となります。もちろん、ピンクのバラビーズをモチーフにした、Ceciliaネックレス、その第2弾です。「Rose en Liqueur(ローズ・アン・リクール)」、お酒の中の薔薇という意味です。

Ceciliaネックレスに関する一連の記事のタイトル「セント・セシリアの日々」は、映画「酒とバラの日々」がベースです。
もっとも、粋なタイトルにつられて蓋を開けてみれば、それはアルコールに溺れて破滅する夫婦の物語A^_^;) 何とも救いようが……。

そして、#2を考える時に重なったイメージがもう一つ。童謡「小さい秋みつけた」です。これも、お世辞にも明るい歌とは言えない。北向きの部屋(隔離のための病室という説があります)に佇む「うつろな目」。いつ治るともわからない病を抱えて、外の風景をどのような想いで見遣っていたのでしょうか。

この二つのイメージが交錯して生まれたテーマは、「人生の秋」。濃いめのウイスキーやブランデーを通して見た風景、曇りガラスや生温かいミルクに映る風景は、こんな琥珀色をしていたのではないか。今回のセント・セシリアの背景は、#1に比べると、だいぶ物哀しさと深みを帯びています。
プリズム・ビジューが見つけた、人生の秋の色(もう冬ですが…… )。そこに咲き残ったバラとのコントラストが、愁いをより際立たせます。

プリズム・ビジューには珍しいブラウン系のネックレス。それは、まるで熟した蒸留酒の中に浸した薔薇の花。制作編は例によって、次回のエントリーで。

"Necklace ”Cecilia #2: Rose en Liqueur”
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ごぶさたしました&告知です [Information]

アート縁日お越しの皆様、誠にありがとうございました!(^O^) お礼が遅れまして、申し訳ありません。

さて、今回間髪置かずに、恒例の「ドッキリヤミ市場」(またの名を「はり坊の蔵・裏口」(^_^;))に参加します。いきなりですが、明日です。
ドッキリヤミ市場は、4月から10月までですので、今回が今年最後となります。普段はゆったりした時間の流れる六角橋商店街も、この時ばかりは熱気に溢れます。

今年最後のヤミ市も、皆さんのお越しをお待ちしております!

六角橋商店街 ドッキリヤミ市場
10月17日(土)20:00~22:00
東急東横線 白楽駅下車 徒歩3分
フリーマーケットのほか、ライブ演奏や飲食品販売などもございますので、お祭り気分でお越しください。
詳しくは、こちらのサイトへ。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。