So-net無料ブログ作成

再掲:Sasanqua [New Items]

(商品の再掲載に伴い、過去のブログを加筆の上再アップします)

Rouge d'Estの最後を飾るは、漆器を思わせるような、赤と黒のコントラスト。ブローチ付きロングネックレス「Sasanqua」です。

サザンカ,山茶花,ネックレス,ウランガラス

Sasanquaとは、山茶花。そう、冬から早春にかけて咲く鮮やかな花です。
山茶花は、そもそもの学名がCamellia Sasanqua(カメリア・ササンカ)です。のみならず、世界のたいていの場所で、「sasanqua」の名前で通ります。
Rouge d'Estシリーズの中では、最も「和」を意識させる仕上がりです。最初にも書きましたが、どこか漆器に似た質感です。

実は最初は、Camellia(椿)にするつもりで作り始めたのですが、花びらがはらりと落ちていく動き、そして、それによって時間の経過を表現したかった(椿が枯れる時は、花がまるごと落ちますからね)ので、急遽(!?)山茶花にしてしまった、という経緯があります。

このSasanqua、ブローチの花びら部分はヴィンテージのプラスティックパーツ、花芯の部分はウランガラスのストーンを配置しました。2連のネックレス本体は、ジェットブラックのチェコファイアーポリッシュを、グラデーション配置しました。
もちろん、ブローチはネックレスのどの位置で留めていただいても結構です。下のようなアレンジも素敵。

サザンカ,山茶花,ネックレス,ウランガラス

ブローチもネックレスもそれぞれ単体としてご使用いただけます。シックな大人のネックレスです。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。