So-net無料ブログ作成

セント・セシリアの日々 着想編 [New Items]

秋の薔薇の庭とセント・セシリア

秋を彩るネックレス「Cecilia(セシリア)#1 "Roseraie d'Automne"(ロズレ・ドトヌ/秋の薔薇園)」の登場です。
なぜ「#1」かというと、このローズ型ビーズを使って、色違いのバリエーションでネックレスを作ってみたい、と考えているからです。

セント・セシリアに見立てたローズビーズ

結構大きい。直径約15mmです。一つ使えば充分な迫力です。

#1の色遣いは、暗い真紅、ロゼ色、葡萄色など、秋の庭園に見え隠れする艶やかで豊潤な彩りを背景にしています。

実は私、秋らしい配色を考えるのが苦手で。
明るい、濁りのない色目を選びがちになってしまうんです。だから、秋に合うちょっとくすんだ、成熟した色合いからはいつも遠ざかってしまう。
今回は、そんな自分への挑戦です。
秋色の中でも、赤系・紫系は自分にとって取っつきやすいので、そちらからのアプローチです。

あと、今回のモチーフは一回り大きめにしてみようと思いました。これも挑戦です。

今回はコンセプト優勢ではないので、コードネームは色々迷いましたが、"Cecilia"(セシリア)にしました。主役のローズビーズが「セント・セシリア(St. Cecilia)」というピンクの薔薇に似ている、というのが由来です。
薔薇は夏のイメージが最も強いですが、ほぼ通年楽しめる花でもあります。セント・セシリアのネーミングの元となった聖セシリアの祝日は11月22日。薔薇に秋を託すには、相応しいと言えるかもしれません。

これから始まるのは、セント・セシリアに見立てたローズビーズから始まる、秋から冬にかけての彩りの世界です。
今回も長くなったので、ここまでが着想編で。
#1制作に関しては、また明日。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。