So-net無料ブログ作成

セント・セシリアの日々 #1制作編 [New Items]

Cecillia制作に使用したビーズ・その1 ロスレー社製ピン付きビーズなど

この渋い赤のローズのピン付き、本当は別のモチーフを作るために買い置いたのですが……肝心のそれが進展せず(まだあきらめていませんが)に置いておいたもの。一見赤が暗く見えますが、組み合わせると、思った以上に艶やかな真紅が輝き出します。
葡萄色のローズカットは、"Printenier - Clématite"でも使用したもの。今回も、深みを添えてくれました。
春は菫色、秋は葡萄色。なんという柔軟性(笑)

Cecillia制作に使用したビーズ・その2 ヴィンテージルース、サフィレットなど

パパラチア色のマーキスをアクセントに、サフィレットをスパイスに。
リーフは、ベージュにパープルが微かに混ざる、やわらかなニュアンス。パープルとピーチカラーのソーオンを添えて。

Cecillia制作に使用したビーズ・その3 ギブレビーズ、チェコ製ランプワークなど

ネックにも、香り高い紅をとろりと溶け込ませたようなギブレや、濃厚な紫のチェコビーズ、薔薇色に近い軽やかな赤のバイコーンなど、甘く大人びた香りのしてきそうなビーズを集めています。
そしてヘッドの下がり。当初の予定とは異なってしまいましたが、薔薇のつぼみを思わせる、深みのあるランプワークです。
長さは、チョーカーレングス(約39cm)からマチネの長さ(約53cm)にできるよう、いつも以上にアジャスターの長さを取っています。これで、冬の装いにも合わせやすくなります。
あとで制作するバリエーションも同じ仕様にする予定です。

バリエーションは、あと2つ考えています。共通のパーツは、恐らくピンクのローズビーズを中心に、あってもごくわずかだと思います。#1とは雰囲気がガラッと変わりますよ。今のところ私の頭の中にしかありませんけど(^_^;)
しばらくお付き合いください、セント・セシリアの日々に。

響き合う豊潤な秋の彩り。ハイネックやコートに負けない存在感をお楽しみください。

Necklace "Cecilia #1 - Roseraie d'Automne"
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。